8月のクレマチスの育て方と管理

スポンサーリンク

8月は、毎日のように30℃以上で湿度の高い日が続きます。最近は地球温暖化の影響でしょうか、35℃を超える猛暑日も珍しくなくなりました。

クレマチスはこの厳しい夏をしのいで、夏越ししようと頑張っています。

乾燥と加湿に注意しながら、朝の水やりをしましょう。お盆を過ぎるころには、少しはしのぎやすくなってくるのを期待しながらの毎日です。

庭で咲いている、ガンジークリームの2番花

〇水やり

鉢植えのクレマチスは、毎朝たっぷりの水やりをします。乾燥が強い場合は、夕方にも水やりをします。庭植えのクレマチスも、乾燥させないように、朝夕の水やりをします。

高温で乾燥が強いと、株が弱くなったり、葉っぱが茶色に変色したりします。また、加湿にも注意します。

〇肥料

夏は株が弱ることが多いので、薄めた液体肥料を月に2回までにします。

〇花後の剪定と誘引

秋の花を楽しむためには、8月中に剪定を終えるようにします。

伸びてきた枝があれば、支柱に誘引して止めます。

〇高温対策

鉢植えの場合は、風通しの良い場所で、日照時間は半日くらいの場所に置きましょう。

マルチングをしたり、2重鉢にしたり、土の温度が上がらないようにしましょう。

病気や害虫の発生に気をつけて、早めの消毒をするようにしましょう。(消毒をするときは、朝夕の涼しい時間に行うようにします。)

〇庭のクレマチス

猛暑の中で2番花が咲いている株もあります。とても暑い中で咲いているので、小さくて形も綺麗ではありません。

暑い中で、花を咲かせてくれて嬉しいです。少しの間だけ、花を観賞させてもらって、株の負担になるので、早めに剪定します。

強い日差しの当たらない場所のクレマチス

元気な葉っぱもあるけど、茶色に枯れた葉っぱも見られます。茶色くなった葉っぱは、見つけたらカットするようにしています。

まだまだ、蒸し暑い日が続くので、注意深く観察しながら、早朝の水やりが日課です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加