遅咲き大輪系のクレマチスが咲きました~ジャックマニー系のビオラ

今年は例年より気温が高いので、どの花も咲き始めるのが早いですね。

私の小さな庭で、遅咲き大輪系と言われる、ジャックマニー系のクレマチス「ビオラ」が咲き始めました。

ビオラの花です。

ビロードのような濃い紫色の花が、風にゆれて可愛いです。黄色の花芯も美しく、華やかです。強健な品種として知られています。蕾もたくさんついているので、しばらく楽しめそうです。

今咲いているクレマチス

ピンクレディ

ピンクのお花が可愛いです。

夫の母の庭から、移植したクレマチス。名前は分かりません。

クレマチスは地植えにすると移植を嫌うのですが、無事に引っ越してきてくれて、毎年花を咲かせてくれます。移植するときに、根鉢をくずさないように持ってきたのが良かったのかもしれません。

これは、早咲き大輪系のクレマチス、ガンジークリームの果球です。

花後、早めに剪定するのが良いのですが、果球も見たいので、少しだけ剪定を遅らせて楽しんでいます。

蕾をつけているクレマチスも何株かあります。

インテグリフォリア系 インテグリフォリア・ヘンドリッタ

インテグリフォリア系は、木立性のクレマチスです。

フロリダ系 カシス

カシスは、紫色の可憐な花を咲かせてくれます。

ジャックマニー系のボナンザとビセチラ系のグランディフローラ・サンギネアは、蔓をのばしていますが、蕾はまだ見られません。

春一番に咲いた、白花ハンショウズルは、花は終わりましたが、葉っぱが涼しげです。

白花ハンショウズルの花

クレマチスは種類が多く、一年を通して色んな品種が咲いてくれます。

今の季節は、早咲き大輪系が満開を少し過ぎて、遅咲き大輪系へと移る頃です。華やかなクレマチスの季節です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加